クラウドメールサービス 迷惑メール対策強化への対応について(SPF・DKIM・DMARC等)

先般、クラウドメールサービス(Microsoft 365やGmail等)を中心に、なりすましメールによる被害拡大防止等のための対策強化が進んでいます。
これに伴い、正規のメールであっても、クラウドメールサービス側で不審なメールと誤判定されてしまい、当該メールが迷惑メールフォルダに入る、またはブロックされてしまう場合があります。
これを防止するための対策等について、過日よりこちら(学内限定)に掲示していますのでご確認ください。

また、対策例のうちDKIMについては、2月6日以降、キャンパスメールサーバ側で段階的に対応を進めていますが、作業の進捗等によっては設定を見直す場合がありますので、あらかじめご了承ください。